ぬか床をおいしくするコツ♪

ぬか床をおいしくするコツ♪



★ ぬかは炒って使いましょう。

 米ぬかは脂肪分が多く、米油の原料にもなるほど。ゆえに脂肪分も多く酸化しやすいので新しいものほど良いぬかといえます。また、酸化によるぬかの変質を防ぎ、有害な大腸菌などの繁殖を抑えるためにも、ぬかは必ず炒って使いましょう。市販の「炒りぬか」を利用しても。



★ うまみたっぷりの天然塩を使ましょう。

 塩はぬか漬けの味を深めるポイント。海水に含まれるミネラル成分がたっぷり含まれた昔ながらの天然塩を使いましょう。精製された塩化ナトリウム100%の化学塩は、塩辛いだけでうまみや甘みは得られません。



★ ぬか床の様子をよく観察しましょう。

 ぬか床は、気温や湿度、漬け込む野菜によって刻々と変化します。

 香りや手触り、かたさなど五感を働かせてよく観察し、必要に応じて、ぬかを足したり、香りづけにゆずの皮やしょうがを加えたりと、自分なりに工夫してみましょう。