ぬか床になぜ塩を足すのか?

かつての私は
ぬか床の日頃のお手入れ で 足さなきゃいけないものとしては

ぬか+(足したぬかの分だけの)塩分 だけでいい (← NG)

と想っていました。

が ホントは 漬ける回数が増えたら 加減して
塩も足さないといけない。

なぜ?
経験でそうなんだから そうしていましたが(笑)

なんとなく 頭では「なぜ?」 が 渦巻いて・・・(・_・?)

イマイチ納得してなかったんですね。(笑)

ぬか漬けをひんぱんにして漬け野菜が増えると
ぬか床がゆるくなるのは
「漬けた野菜の水分が床に出るから」
は 塩もみをしたりする経験上で理解できた。(笑)

ぬか漬けをひんぱんにして漬け野菜が増えると
ぬか床の塩分が弱まるのは

「なぜ?」 (笑)

の 世界だったんです。(爆)

よくよく考えて
しょっぱいものを塩出しする原理
塩を少し入れた水分の中にしょっぱいものを入れて
しょっぱいものと水をおなじ塩分になるように中和する原理
これが ぬか床にも当てはまるんじゃ~♪

と 理解できた時 はじめて すっきり(゜ー゜☆ (笑)

それまでの私は
ぬか床の塩分は ずっと一定なんだと想っていました。

だから 塩を足したら しょっぱくなっちゃうじゃん!って 想ってたんです。

だけど ぬか漬けをひんぱんにすれば
ぬか床の塩分は 中和の原理によって 野菜へとられ
ぬか床はしょっぱくなくなってしまう んですね。

だから 塩を足す。

これが わかったとき 初めて
今まで私がぬか床をだめにしていた原因(塩分不足)が理解出来

それ以来 ぬか床をだめにすることはなくなり
ぬか床100年の夢も 一歩一歩 歩めるようになりました♪

一昨日 ぬか漬け用のさわらの樽が届き(注文しました♪)
今日~早速 米のとぎ汁で準備をして

ぬか床を移そうかなぁ~と想っています♪♪

たのしみ。。。=^-^=

2008.6.15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL